女の人

目の下のたるみはレーザーで解消できる~ビビッと目元綺麗~

肌により優しいレーザー

注射

切開手術のデメリット

目のまわりの筋肉は人体の中で最も運動量の激しい部分のひとつです。そのために、年齢とともにこの筋肉が張りをなくし、重力に逆らえず下がってくることによって目の下にたるみができます。目の下のたるみは、下まぶたにメスを入れて手術することで解消することが可能です。そのため近年までこうした手術による治療が広く行われてきました。ただしこの治療法では、目の下という非常に目立つところに傷跡が残る可能性も否定できませんでした。また、目の下には細かい血管や神経が走っているので、不用意にそうした血管や神経を傷つけかねないというリスクもあったのです。そうしたことから、現在美容クリニックの多くでは、より安全な方法としてレーザー照射によるたるみの治療を行っています。

レーザーをさらに改良

目の下のたるみにレーザービームを当てると、肌の奥深い場所に存在する真皮層の中のコラーゲンの生成を活発にすることができます。コラーゲンがさかんに生成されるようになると、肌は失っていた張りをよみがえらせることができるようになります。ただ、目の下のたるみをレーザーによって治療する場合、人によっては痛みや腫れがあるということが問題でした。といっても炭酸ガスレーザーより新しいタイプのフラクショナルレーザーでは、非常に細かい点状にレーザーを照射できるのでだいぶ痛みや腫れが改善されましたが、それでもどうしても痛みや腫れが気になるという人もいたのです。そこで、最近さらに改良された新型のCO2フラクショナルレーザーにおいては、エッジモードという特殊な工夫によりダウンタイムをほとんどなくすことに成功しました。したがって、これからは新型のCO2フラクショナルレーザーを使った目の下のたるみ治療が普及していくとみられています。

ムダ毛の悩みは解決可能

脱毛

カミソリや毛抜きでムダ毛を処理していると肌へ負担を与えている事があります。肌の状態が更に悪くならない内に専門家へ相談し、脱毛処理した方が無難です。湘南美容外科ならレーザー脱毛機器を使用して処理されるので高い脱毛効果を得られます。

この記事を読む

肌を若返らせるには

しわ

しわの治療は、小じわなどを取るヒアルロン酸やコラーゲン、ボトックスを注入する方法があります。そのほかにピーリングで肌を再生させたり、レーザーでコラーゲンを皮膚に増やす治療法もあります。深いシワにはメスを使ったフェイスリフトが行われ、いずれも入念なカウンセリングが大切です。

この記事を読む